パース




+     +     +     +     +

オーストラリア西海岸に位置する都市パース。気候は温暖で過ごしやすく、 犯罪も少ないため安心して滞在しやすい都市である。 インド洋に注ぐ美しいスワン・リバーを望む州都パースはロングステイにはうってつけの都市。 ワイルドフラワーが咲き乱れる8月から11月は特に美しくお奨め。

redbar360.gif


■気候
地中海性気候なため温暖で冬でもマフラーなどの防寒衣料などはいらない程度の寒さ。 ただ一日の中で昼夜の寒暖の差が激しいこと、6月と7月は寒いのと雨が続くのでロングステイにはあまり向かない時期か。
1月の最高気温 30℃ 最低気温 18℃
(東京の8月の平均最高気温  30℃、 平均最低気温 23℃)
7月の最高気温 17℃ 最低気温 9℃
(東京の2月の平均最高気温  9℃、 平均最低気温 2℃)

■日本からのアクセス
成田からパースまで直行便で約9時間20分

■アクティビティ
格安のゴルフ、スワン川を利用したカヌー、インド洋に浮かべるカヤックやヨットなどレジャーは豊富だ。 サンセットコーストと呼ばれるビーチはゴールドコーストよりも長い70kmもの砂浜にビーチが点在。 海水浴はもちろんボディボードやサーフィンが楽しめる。
またバーズウッド・リゾート・ホテル&カジノ-Burswood Casino-では、カジノが楽しめる。 世界有数のカジノを併設する5ツ星リゾート・ホテルなのだから本格的だ。 ゲーム・テーブルが120、ビデオ・マシーンを1,100台設け24時間営業している。

■パースに暮らす
長期滞在者向けのキッチン付きコンドアムが中心街に増えてきてこれがお勧めだ。総じて物価は安く、経済的にもゆとりが持てる。 中心街(シティ)には巡回するバス=キャットバスがあり、これはなんと無料で乗れる! 日本食の食材も手に入れることはできるし、日本レストランも増えているのは嬉しい。 またパース駅付近には日本語医療センターもあり、英語が苦手な日本人も安心して治療が受けられる。

のんびりと街の公園で緑を楽しみながら、ランチを食べたり、散歩をしたりというスローライフが向いているのがこのパース。 東海岸のような賑々しさはないが、「世界一暮らしやすい街」とも呼ばれるパースは一度人の心をつかんだら放さない魅力に溢れる都市なのだ。



※パースには日本人の経営するコンドミニアムがある。日本人オーナーならではの設備や気配りが嬉しい。
>>>Apricot Leaf オーストラリア パースへの旅 ホームページはこちらから



サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2005 海外ロングステイ総合案内. All rights reserved

TOPへ オーストラリア パース