● フィリピン豆知識 【食事情】




+     +     +     +     +

【フィリピン伝統料理】

・アドボ
  豚と鶏に玉ネギの煮込み料理
・レチョン
  子豚の丸焼き
・ルンピア
  ココナツが入ったフィリピン風春巻き
・シニガン
  野菜と魚介類のスープ。酸味がある。
・カレカレ
  牛や豚と野菜をピーナツソースで煮込んだもの。

豊かな海に囲まれて、牛貝類を焼いて食べるというフィリピン本来の伝統料理に加え スペイン、アメリカの植民地時代を経て、複雑な味わいの伝統料理ができている。 酸味のあるものが多いが、日本人にも好ましい味が多い。

ちなみにフィリピンでは左手にフォーク、右手にスプーンを持って食事をする。 主食の米と汁気の多いおかずが多いので食べるのには合理的だ。



---------------------------------------------------

【外食】

マニラなどの一流ホテルやレストランでは、心配なく食事ができる。
またマカティの中心にある「アヤラセンター」では、グロリエッタ、グリーンベルトなどの 巨大ショッピングモールや、デパート、スーパーマーケットがある。 ショッピングモールにあるフードコートではハンバーガーはもちろん、ピザ、ステーキ、 デザートなどのほか、フィリピンの屋台料理、スペイン風料理まで様々な食事が楽しめ、 清潔感もあるので、利用しやすい。

屋台ではフィリピン風焼き鳥やフライドチキン、スクウィッドボールというイカのすり身を油であげたもの、 バッチョイというラーメン、マニと呼ばれるバターで揚げたピーナツなどなど 簡単な食事からスナック、菓子類まで気軽に楽しめる。
衛生状態だけは注意して食べよう。

日本食レストランも多数ある。居酒屋、焼肉屋、てんぷら、寿司、ラーメン等々。

【内食】

日本の食材はしょうゆ、味噌、日本酒、ビール、ほとんどのスーパーで手に入る。割高だが購入して 調理して日本と同じように食べられる。 但し、品数は限られ好みのブランド食材が手に入るわけではないのである程度割り切ることは必要だ。
缶ビールのサンミゲルブランドの缶ビールはキリンビールも出資している フィリピンのビール会社。安いしなかなかのうまさなので、飲みすぎに注意!。



サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2005 海外ロングステイ総合案内. All rights reserved

TOPへ フィリピン ● フィリピン豆知識 【食事情】