フィリピン 【基本情報】




+     +     +     +     +

■国名/フィリピン共和国  Republic of the Philippines
■首都/メトロ・マニラ
■公用語/フィリピン語(タガログ語) 英語
■宗教/キリスト教(カトリック80%、)カトリック以外のキリスト教10%)イスラム教5%
■人種/主にマレイ系。中国系、スペイン系、少数民族等。
■人口/8000万人
■国民性/一年中温暖な気候で、何かをしなくても穀物や果物が育ち、生きていくことができるフィリピン。 そのフィリピンで醸成された国民性は陽気・楽天的、親切といわれる。 「フィリピーノ・ホスピタリティ」という言葉があるように外国人にも親切だ。
一方、日本人からすると、約束を守らない、いい加減、言い訳が多く反省がないなどといった面も気になるかもしれ ない。 人間性の違いではなく、国民性・文化の違いだと割り切って折り合いをつける必要がありそうだ。

■気候/一年中、気温・湿度の高い熱帯モンスーン型気候。乾期・暑期・雨期の3つに分けられ、地方によってその 差が大きい。 例えばマニラ周辺では6月から11月の雨季がはっきりしているが、セブ周辺ではこの雨季というのものほとんどな い。 全体的には乾季にあたる12月から2月が暑すぎず、日本人には過ごしやすい季節。服装は日本の夏の服装で良い。 ルソン島あたりは台風の通り道となるため、夏季の滞在は注意が必要。

Philippinemap.gif


■治安/まず、政権そのものの安定性に欠ける面があることを知っておこう。 最近でも2006年2月には軍部によるアロヨ政権打倒のクーデター計画が発覚している。また 共産党新人民軍(NPA)等の反政府共産勢力やイスラム反政府勢力が存在し無差別爆弾事件等のテロ活動や、 身代金目的誘拐事件などの事件を起こしている。
またスリなどの犯罪が強盗に変わりやすいのもこの国の犯罪の特徴だといわれる。 刃物や銃器などの武器を隠してのスリ行為などが多く見られるので、より一層の注意が必要。 空港やマニラ周辺の観光スポット、セブダウンタウンなど、犯罪多発地域も事前に情報収集しておきたい。 詳しくは>>外務省海外安全ホームページ (フィリピン直リンク)

■物価/人件費の安さを繁栄して、衣料品、食料品、居住費などは安い。 日本人の感覚からすれば、2分の1から5分の1の値段で買えるという感覚だ。 メイドなどを雇うとしても一ヶ月3000〜4500ペソ程度。1ペソが2円の場合1万円で足りる。 但し大卒初任給が9000ペソ程度なので、フィリピン人にとってフィリピンは物価が安いともいえない。

■通貨/フィリペン・ペソ。1ペソ=100センターボ

redbar360.gif


■滞在する/ロングステイヤーには自分で調理もできるキッチン付きのコンドミニアムがお奨めだ。 マニラなどでは普通のホテルの中に、ミニキッチン付きの客室がある。通常コンドミニアムとしてよりは ミニキッチン付きのホテルを探す方が簡単だ。一人一泊4〜5000円程度からが目安。

■医療/大都市の医療機関は整備されており、技術的なレベルも心配する必要はないので 一流の病院では安心して診療を受けられる。ただし、国公立病院は料金が安いため、 待ち時間が長く、在フィリピン邦人は私立病院へ行くケースが多いようだ。 フィリピンは衛生状態の悪いところもあり、感染症もさまざまに流行している。 コレラ、腸チフス、マラリア、デング熱、赤痢などのほか、日本にはない病気もあることから 体調に異常がある場合は市販薬に頼らず、現地での診療を受けることも考えたい。

■電圧/120/220/230/240V 60ヘルツ(日本の電気製品は使う場合は変圧器や形状変換プラグが必要)

■ビザ/日本人の場合は、滞在期間が21日を超えない限りビザは不要。 現地移民局で1年まで延長が可能で、通常のロングステイ目的であれば観光査証(観光ビザ=9a)を取得する必要 性はない。 ※退職者特別居住ビザ(リタイアメントビザ:SRRV)
ロングステイのほか、取得すれば永住もできるのがこのリタイアメントビザ。永住権の他にも、US$で7,000ドルま で 課税が免除されるなど特典も多い。年齢50歳以上であれば5,000US$を定期預金にするという条件があるが、 比較的取得しやすい。自分のほか家族2人まで同伴が可能。



---------------------------------------------------

■フィリピン豆知識

●フィリピン豆知識 【安い物価】
散々言われるフィリピンの物価の安さはどれほどなのか。
>>>つづきを読む

●フィリピン豆知識 【フィリピンは英語の国】
フィリピンは英語をしゃべる人の人口が世界で三番目に多い国なのだ。 米国、英国についで三番目。
>>>つづきを読む

●フィリピン豆知識 【食事情】
フィリピンでの食事。伝統料理は日本人の口にもあい、日本食レストラン、日本食の食材も手に入りやすく、胃袋を 満足させてくれるだろう。
>>>つづきを読む

●フィリピン豆知識 【困ったことあれこれ】
フィリピンで困ることをピックアップしてみた。[虫が多い][カビが多い][交通渋滞][トイレに便座がないことが][車 の運転はしないこと]
>>>つづきを読む

●フィリピン豆知識 【フィリピンの病気・医療】
フィリピンでは日本人にとってなじみの薄い病気・感染症などが見られる。事前にどんな病気があるのか、その対処 法などを整理しておきたい。
>>>つづきを読む

●フィリピン豆知識 【在フィリピン日本大使館・総領事館】
在フィリピン日本大使館・総領事館リスト。
>>>つづきを読む


---------------------------------------------------

【フィリピン観光局ホームページ】
 
>>> フィリピン観光省(英語)
>>> フィリピン政府観光局(英語)
>>> フィリピン観光協会(英語)
>>> フィリピン訪問促進委員会(英語)




サイト内検索

カテゴリー

 

Copyright © 2005 海外ロングステイ総合案内. All rights reserved

TOPへ フィリピン フィリピン 【基本情報】